へバーデン結節

ヘバーデン結節の痛みを最短で回復させる方法とは?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 手の指の第一関節が赤く腫れたり曲がっている
  • 手の指の第一関節が痛い
  • 手に物が当たると痛い
  • 第一関節に水膨れのようなものができている
  • 病院で関節の変形が終わるまで放っておくしかないと言われた
  • 病院で治療方法がないと言われた
  • とにかく、このヘバーデン結節の痛みをなんとかしたい

病院でへバーデン結節と診断されると鎮痛剤、テーピング、ステロイド注射といった治療を進められるかもしれません。しかし、こうした治療はあくまで対処療法であって根治療法とはなりえません。ヘバーデン結節は一般的には病院で「治療のしようがない」「痛みは関節の変形が終わるまで痛みがなくならない」と言われます。

しかし、ヘバーデン結節の痛みには原因があり、その原因が解消されると症状は回復に向かっていきます。当整体の施術は、この様なヘバーデン結節の症状でお悩みのあなたにお勧めできる施術です。

施術を受けられた患者さんの声をお聞きください

また関節の可動域も広がり、本当に喜んでおります。

症状:ヘバーデン結節

患者様の声63
趣味でボルタリングを始めて1年。両手の中指の第一関節が常に痛み両手をグーに出来ない位でした。

ネットでよつばさんのHPに辿り着き、電話をし先生に診て頂きました。

すごく優しく整体をされるので「本当にこんなに弱く触って治るのかな?」と最初は思ったくらいです。

翌日になると痛みがかなりマシになっていました。また、指の痛みの原因も詳しく教えて頂き、肩やヒジ、背中からきているものだと初めて知りました。

ストレッチポールなどのストレッチの方法を教えて頂き、自宅で毎日行うようにしました。すると、どんどん指の調子が良くなっていきました。また関節の可動域も広がり、本当に喜んでおります。

先生に出会い、身体の事が大変よく理解できました。

いかにストレッチが重要か、ケアが大切か、多くを学ばせて頂き有難うございました。

T・T様 40代男性

日常でも痛みを感じることが少なくなり感謝しております

症状:ヘバーデン結節

患者様の声31
長年、指のヘバーデン結節で悩んできましたが、治療はないとの接骨院の先生の診断であきらめていました。

この数年、親指のつけ根の痛みも出てきて、何とかならないかとネットで調べていたところ

こちらの整体院のHPで“治る”という記述をみつけ、少しの可能性でもかけてみたいと思い治療をしていただく事にしました。

施術では痛みはほとんど感じられず、優しくふれていただく事で、固まっている筋がやわらかくなっていくような感じで心地よいものでした。

日に日にゆっくりと痛みが遠のいていき、日常でも痛みを感じることが少なくなり感謝しております。

ヘバーデンの方は10年来の変形ですので、すぐには治るはずないものと、少しあきらめていますが、これからもこれ以上悪くしないよう、時々、先生にみていただきたいと思っています。

N・N様 50代 女性

こんなに楽になるとは・・・とても感謝しています。

症状:ヘバーデン結節

患者様の声45
指の関節が痛み、少し変形して来たので、整形外科を受診しました。ところが対処療法しかなく何も変わることがありませんでした。

日常生活の中で雑巾がしぼれなくなるほどの痛みが出てきた事は、本当につらい毎日でした。

子供が探してくれたホームページを見て、ダメもとで行ってみようと思い、こちらでお世話になりました。

指が痛むしくみや、家庭で出来るストレッチ等、こまかくご指導を頂き、4回程の施術を受け、今では痛みがなくなりました。

これからも油断せず、先生に教えて頂いた、ストレッチ等を生活の中で実行して、毎日を過ごしたいと思います。

こんなに楽になるとは・・・とても感謝しています。ありがとうございました。

S・K様 60代 女性

ヘバーデン結節の症状と原因について

ヘバーデン結節は手の指の第一関節が腫れて痛みや生じる症状です。つめが変形することもあります。主に40代以上の女性に多く見られる症状です。

指の変形や腫れはすべての指にでるとは限りません。変形が進行していくと、まるで突き指や骨折でもしたかのように曲がってしまいます。

一般的には数年のうちに変形が終わり、変形しきると痛みがなくなると言われています。しかし、ヘバーデンには痛みの原因があり、原因を解消すると変形しきるのを待たなくても痛みを取ることができます。

当院ではあなたがヘバーデン結節になる根本原因をみつけていきます。

その他にも、ヘバーデン結節については、当院と同じ療法で提携院である
快しん整体の下記の記事が参考になります。

「ヘバーデン結節の痛みを早期に治すために最適な治療法」

ヘバーデン結節の治りを妨げている要因とは?

実はこのような治療法はヘバーデン結節の治りを妨げている可能性があります。

・鎮痛剤
・テーピング
・ステロイド注射
・手術(関節固定術、関節形成手術)

もしあなたが上記の治療をおこなっているにも関わらず「なかなかヘバーデン結節が根本的に改善されない」と悩んでいるのであれば、当整体の施術があなたの症状の改善のお役に立てると思います。

ヘバーデン結節を改善するための治療法とは?

ヘバーデン結節の患者さんの特徴として身体全体の硬さが見られます。特に首から肩へ、腕から手への硬さがある方がほとんどです。

首から肩、腕、手は、筋肉だけでなく皮膚や筋膜でつながっているため、そのどこかが硬くなると指先が引っ張られ曲げにくくなります。女性であればタイツをはいて強く引っ張ると、足の指先が引っ張られるイメージをして頂くとわかりやすいです。

そして、その状態が長く続くと指先のこわばりや神経が圧迫され、関節が変形して痛みやしびれになります。ですから、緊張して硬くなっている筋肉や筋膜、腱や骨膜などを緩めていくと、最終的に痛みを感じることなく指を動かすことができるようになります。

このように当院では、指先だけでなく、首や肩、腕から手首を含め、全身のつながりを診ながら原因を探して解消していきます。

また、当院では、何故、指の第一関節に繰り返し負荷が加わってしまったのかを分析し、根本的な原因を改善するための施術を行います。

当整体では、筋肉にある感覚受容器に対しての「特殊な働きかけ」をすることにより、柔軟さを失ってしまった筋肉や神経の動きが回復し、ヘバーデン結節の痛みを回復させることができます。

ヘバーデン結節は治らない症状ではありません

当整体はこれまでに多くのヘバーデン結節を改善してきた実績がありますので、安心してご来院下さい。

ヘバーデン結節の症状から解放され、心身ともに健康でやりたいことができる体へ・・・もしその症状が改善されて治ったら何がしたいですか?

あなたのお手伝いをさせて下さい。

ご予約について

ご予約を希望される場合は、お電話にて「ホームページを見ました。予約をとりたいです」とおっしゃってください。ご予約日時を調整します。ご来院までに下記内容に目を通して頂くと、施術効果が高まり、当日の対応がスムーズになります。

>> 初めての方はこちら

>> 予約方法、料金、当日の服装や持ち物について

>> 施術内容やよくある質問と回答について

お問い合わせは075-256-9039
PAGE TOP