テニス肘・野球肘

テニス肘・野球肘を最短で回復させる方法とは?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • ボールを投げると肘が痛い
  • ゴルフ、卓球、ドッチボールをしていて肘に痛みがある
  • 投げるのが怖く全力投球できない
  • 肘を曲げると痛い、伸ばすと痛い
  • 肘が痛くて仕事や家事に支障がある
  • レントゲンやMRIでは異常がないと言われた
  • 病院、整骨院、マッサージなどの治療でなかなか改善しない
  • ストレッチや筋トレをしても効果を感じられない
  • とにかく、肘を気にせずにを動かせるようになりたい

テニス肘・野球肘になった人はサポーター、アイシング、ストレッチをして、注射をして、、、それ以外に何をしたらいいのでしょう?痛みをガマンしながら、痛みが消えるのを待つしかないのでしょうか。いいえ、そうではありません。

闇雲に病院や接骨院に通い、電気治療をしたり、マッサージをしたりしても、テニス肘・野球肘は治りません。しかし、症状に対して適切な処置を行えば、テニス肘・野球肘は早期に回復していきます。

当整体の施術は、この様なテニス肘・野球肘の症状でお悩みのあなたにお勧めの施術です。

施術を受けられた患者さんの声をお聞きください

気持ちよくさせて頂きながら治ってしまう。
他の病院ではありえないと思います。

症状:野球肘(肘の痛み)

患者様の声5こちらに伺うまで、ずっと息子の肘は異常なので主人は野球にはあっていないひじなのでやめるよう(野球部)に説得したりしていました。

その話をすると息子は目に涙を浮かべ「大丈夫、痛くない、もう痛くない」とずっと痛みをガマンしてしまっていました。

お友達に紹介して頂き先生から「骨の異常ではないよ」と言われた時の息子の嬉しそうに驚いた表情は今だに忘れられません。

第1回の施術の時にはすでに痛みがだいぶ取れ、息子自身も私も信じられませんでした。こんなにわずかな回数しか通っていないのに今はもう以前と同じように部活に燃えています。

息子が少し残念なのは施術して頂くのが気持ちよくて大好きなのにもうして頂けないことです。

気持ちよくさせて頂きながら治ってしまう。他の病院ではありえないと思います。

今後、何かがあってもこちらがある!!そう思えるだけでありがたく思います。

M・K様 40代女性

全く痛みはなくなりました。大変感謝しております。

症状:テニス肘

患者様の声25私は2年前、両肘が毎日夜も眠れなかった位の痛みになやまされていました。

整形外科ではシップと半年に一度(2週間おきに1回)合計2回のステロイドの注しゃをして痛みをがまんしていました。

最後は大学病院でMRIをとり手術をしても完全に痛みはとれませんとの結果で、すべてにおいてなげやりになり、どうでもよくなって、毎日いらいらしていた所、家族がインターネットで良さそうな整体があるとの事で来てみた所、

必ず直りますというお言葉をいただき8回目くらいで痛みがとれ10回目のときには、全く痛みはなくなりました。大変感謝しております。

ほんとうに大変おせわになり有がとうございました。

N・T様 40代男性

テニス肘・野球肘の症状と原因について

主に肘の外側が痛むとテニス肘と呼ばれます。テニスのバックハンドの動作で炎症を起こすことからテニス肘と呼ばれています。実際はテニスなどのスポーツ以外でも、パソコンのマウス操作や手作業などで手首使いすぎる方にも多く見られます。

腫れがなく、外観では判断できないことと、ひとたび炎症が起こると、手は毎日使うため安静を保つことが難しく、なかなか炎症が解消されないことが多く見られます。

また、主に肘の内側が痛む場合は野球肘、ゴルフ肘と呼ばれます。荷物を持つ仕事の方にもなりやすいです。

手や手首の関節を曲げたり、前腕を親指から小指に捻ったりする運動に関係する筋肉はすべて肘の内側に集まっています。そのため、これらの筋肉を使い続けると、筋肉が異常収縮し、肘の付着部の筋肉を引っ張り炎症が起きて痛みとなります。

どちらの症状も進行すると安静にしていても、肘や肩が痛くなり、首まで痛むなどの症状が起きてくるため、早期発見と治療が必要です。

当院ではあなたがテニス肘・野球肘になってしまう根本的な原因を見つけていきます。

さらにくわしい、野球肘・テニス肘については、当院と同じ療法で提携院である
快しん整体の下記の記事が参考になります。

「テニス肘を早期に治すために最適な治療法」

「野球肘を早期に治すために最適な治療法」

テニス肘・野球肘の治りを妨げている要因とは?

実はこのような治療法はテニス肘・野球肘の治りを妨げている可能性があります。

・アイシング
・湿布、スプレー式鎮痛消炎剤
・電気治療
・ストレッチ
・マッサージ
・超音波治療
・痛み止めの注射
・筋力トレ
・手術(手術が必要と医師から言われた場合でも、回復する可能性はあります)

もしあなたが上記の治療をおこなっているにも関わらず「なかなかテニス肘・野球肘が改善されない」と悩んでいるのであれば、当整体の施術があなたの症状の改善のお役に立つことができると思います。

テニス肘・野球肘を改善するための治療法とは?

当院ではテニス肘・野球肘の原因は筋肉の硬さにあると考えています。肘を押さえて手をひらいたり握ったりすると肘の筋肉がピクピクするのがわかります。ですから、単に肘周辺の筋肉だけでなく、そこにつながる背中や肩、腕や手首や指先など全身の硬くなった筋肉を緩めていくと肘の柔軟性は回復していきます。

物を持つ、パソコンのタイピングをする、ボールを投げる、打つなどの動作は肘だけでなく肩や腕、手首や指先まで連動して使います。このことから、肘に負担がかかる身体の使い方や癖などの練習方法や生活習慣も含めて見ていく必要があります。

当院では何故テニス肘・野球肘になってしまったのか分析し、根本的な原因を改善するための施術を行います。そうすることで再発を防ぐことができるようになっていきます。

当整体では、筋肉にある感覚受容器に対して「特殊な働きかけ」をすることで、神経を通じて脳に緊張を解く刺激を加えていきます。そうすることで、柔軟さを失ってしまった筋肉や関節の動きが回復し、早期にテニス肘・野球肘の痛みを回復させることができます。

当院はこれまでに多くのテニス肘・野球肘を改善してきた実績がありますので、安心してご来院下さい。

テニス肘・野球肘の症状から解放され、心身ともに健康でやりたいことができる体へ・・・もしその症状が改善されて治ったら何がしたいですか?

あなたのお手伝いをさせてください。

ご予約について

ご予約を希望される場合は、お電話にて「ホームページを見ました。予約をとりたいです」とおっしゃってください。ご予約日時を調整します。ご来院までに下記内容に目を通して頂くと、施術効果が高まり、当日の対応がスムーズになります。

>> 初めての方はこちら

>> 予約方法、料金、当日の服装や持ち物について

>> 施術内容やよくある質問と回答について

お問い合わせは075-256-9039
PAGE TOP