アキレス腱炎

アキレス腱の痛みを最短で回復させる方法とは?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • アキレス腱が痛い
  • 脹脛(ふくらはぎ)やかかとが痛い
  • アキレス腱が腫れいている
  • 走ると痛い、歩くと痛い
  • 運動を休むと痛みはないが、動くと痛みが出る
  • ストレッチ、アイシンングマッサージをしても効果を感じられない
  • 病院、整骨院、マッサージ、鍼灸、カイロなどの治療でなかなか改善しない
  • とにかく、このアキレス腱の痛みをなんとかしたい

放っておけばそのうち治るだろうと思っても、アキレス腱炎はなかなか治りません。発症して1か月経過しても、アキレス腱炎の痛みが軽減しないなら治療法が間違っている可能性があります。

しかし、症状に対して正しく理解し適切な処置を行えば、アキレス腱炎は早期に回復していきます。当整体の施術は、この様なアキレス腱炎の症状でお悩みのあなたに、お勧めできる施術です。

アキレス腱炎の症状と原因について

アキレス腱炎はアキレス腱やふくらはぎに痛みや腫れがでる症状です。ランニングなどで長距離を走ったりすることで、徐々にアキレス腱に負担がかかり、痛みと腫れが生じるとアキレス腱炎となります。

ふくらはぎにある腓腹筋やヒラメ筋などの筋肉が合流してアキレス腱を構成しています。アキレス腱はかかとの後ろにくっついており、この部分は細くなっているために炎症を起こしやすいのです。

また、運動をしない方でも、女性には、もともとかかとの骨が後ろに突き出ている方が多くいます。かかとの骨が後ろに出ていると、膝の裏からかかとまでの距離が長くなってしまうため、アキレス腱が伸ばされ、炎症を起こしやすくなってしまいます。

このような理由から、長距離を走るランナーや10~30代の女性に多く現れる傾向があり、アキレス腱周辺の筋肉の柔軟性を取り戻してあげると痛みはなくなっていきます。

当院ではあなたがアキレス腱炎になる根本的な原因を見つけていきます。

アキレス腱炎の治りを妨げている要因とは?

実はこのような治療法はアキレス腱炎の治りを妨げている可能性があります。

(1)テーピング
(2)干渉波・ドップラー波電療法(病院や接骨院でおこなう電気治療)
(3)医療レーザー
(4)マッサージ、指圧
(5)湿布、痛み止め
(6)ストレッチ
(7)インソール

もしあなたが上記の治療をおこなっているにも関わらず「なかなかアキレス腱炎が改善されない」と悩んでいるのであれば、当整体の施術があなたの症状の改善のお役に立てると思います。

アキレス腱炎を改善するための治療法とは?

アキレス腱炎は、アキレス腱につながっているふくらはぎやかかと・足裏、などの筋肉が硬くなることで、アキレス腱が引っ張られ痛みとなります。

これらに関連する筋肉を緩めて筋肉の柔軟性が戻るにつれ、痛みや腫れはひいていきます。また、アキレス腱の周辺だけでなく、その拮抗筋にあたる脛(すね)側の筋肉、それから足裏の筋肉を含めて緩めていきます。身体全体バランスが回復するよう筋肉を緩めていくと、アキレス腱炎の症状だけでなく、体の望ましくない姿勢や動作も一緒に改善されていきます。

また、当院では、アキレス腱の筋肉が硬くなってしまうのかを分析して根本的な原因を改善するための施術を行います。そうすることで再発を防ぐことができるようになっていきます。

このように、当整体では、筋肉にある感覚受容器に対しての「特殊な働きかけ」を通じて、脳に筋肉の緊張を解く刺激を加えていきます。そうすることで柔軟さを失ってしまった筋肉や関節の動きが回復し、早期にアキレス腱の痛みを回復させることができます。

当院はこれまでに多くのアキレス腱炎を改善してきた実績がありますので、安心してご来院下さい。

アキレス腱炎の症状から解放され、心身ともに健康でやりたいことができる体へ・・・もしその症状が改善されて治ったら何がしたいですか?

あなたのお手伝いをさせて下さい。

ご予約について

ご予約を希望される場合は、お電話にて「ホームページを見ました。予約をとりたいです」とおっしゃってください。ご予約日時を調整します。ご来院までに下記内容に目を通して頂くと、施術効果が高まり、当日の対応がスムーズになります。

>> 初めての方はこちら

>> 予約方法、料金、当日の服装や持ち物について

>> 施術内容やよくある質問と回答について

お問い合わせは075-256-9039
PAGE TOP